teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


スティンナイツ第0章

 投稿者:あくた  投稿日:2008年 5月25日(日)19時45分2秒
返信・引用
  【終焉の世界…ブラットリベリオン】

大海原を切り裂く鉄の鉄軌。
水飛沫を挙げてそそり立つ勇姿は天空を見上げ今、まさに飛び発たんとしていた。
超弩級銀河戦闘旗艦【鉄】この世界の命運をかけて。希望を載せて戦いへと向う為に。
「ハクオロさん・・・じゃなかったハクオロ艦長。総員着艦まで一時間を切りました」
獣耳の可愛らしい少女の言葉に白面の仮面の男はふっと表情を和ませる。
「そぅ畏まらなくていい。エルルゥ。何時ものように呼んでくれた方がしっくりくるな」
「じゃっ・・・その、えっと、ハクオロ・・・さん」
微笑ましい一場面。
艦橋の和んだ雰囲気に微笑む通信士の一同。
「流石、ハクオロさんね?・・・あの人なら任せられるな」
栗色のポニーテールの軍服姿の少女がその通信を聞いて苦笑。
「何言ってるんだ、そりゃ、俺の兄者だから当然だろ?」
高町なのはの言葉に当然とノースリーブの青年、オボロが胸を誇らしげに反らして頷く。
相槌を打つのはドリィとグラァ。艦上から的確に弓を当てる狙撃のスペシャリストだ。

「天道宗司・・・あなたは独断専行のきらいがありますね?」
淡々と嗜めるベナウィとそれに斜に構える天道宗司。ベルトの力で時さえも操る仮面ライダー。
「俺には俺の戦い方がある。」
「集団戦闘ではそれが隙となるといっているのです」
ベナウィも一歩も譲らない。
しかし、この2人はどこか同じ匂いを嗅ぐわせる。
だからこそ、お互いをもっと高みへと押し上げるために言葉を交わす。

クロウ「食料、しっかり運び込め!おせぇとまた敵が攻めてくるぞ!」
怒声を響かせてオプタルと呼ばれる鳥型の馬に跨って乗員や作業員を叱咤する屈強の男。
「時間のないのは同感だ。だが、急かすな」
「あんだとぉ?、じゃ、この前みたく積み込みの最中に敵の戦艦が突っ込む事になつてもいいのかよ?」
冷静なザフィーラに食って掛かるクロウ。
いがみ合い一歩も引かない両者を
「わわわっ、やっ、やめてください・・・クロウさん」
「喧嘩している場合じゃないです」
焦った子供2人、機動六課から出向中のエリオとキャロに止められる。
跋の悪そうな2人。この2人も戦場では互いの力を信じて闘っている。

「あらっ・・・いけるクチですのね?」
「へっ、このレヴィ様はまだまだイケルぜぇ?」
ごくごくごくごく・・・喉を鳴らし酒を飲む2人。
ブラックラグーンの突撃手、レヴィと奴隷剣士のカルラ。2人とも酒豪だ。
そんな2人を眺めて赤ら顔で勺をされる男。
「いいねぇ・・・お二人さん。いー飲みっぷりだぁ」
それに森から巡視から帰って来たエヴェンクルガのトウカが怒鳴り散らす。
「カルラ!それにレヴィ、我らは敵に備えての殿、それが、それが・・・・・」
レヴィ「怒るなよ?・・・アンタも飲む?」
カルラ「だって、退屈ですもの♪」
ねー♪
2人で相槌を打ったのがトウカの逆鱗にふれる。
「きっ、きさまらぁぁぁぁ、其処に直れ、その性根叩きなおしてくれる!」
「おーいーぜ♪、酒の席の余興だ♪」
銃を抜き放ちトウカに狙いを定める。
トウカ「ふっ、その銃、某に効くと思うのか?何度、共に戦を共にしたと?」
レヴィ「へっ、あたしの銃はメーデー打つのよりも早ぇんだぜ?」
にらみ合う両者。
「おーら、まてまてぇ・・・火事と喧嘩は花見にやかかせねぇがなぁ・・・殿が喧嘩してちゃダメだろ?」
「へっ、よいくったぜ? おっさん」
「貴様、戦闘班長、神行泰歩載宗班長にむかって・・・」
「ほれぃ、いーのよ。今日は無礼講、それに俺はそーいうの嫌いだっていったでしょ?」
「はぁ・・・申し訳ありません。」
窘められて俯くトウカ。しかし、彼女は何か間違っている気がした。
「でも、今は有事にそなえて、拙者たちは殿をしてるのではござらなかったかぁぁぁ!」

「はははっ・・・いや、すまん。後で班長にはきつく申しておこう」
報告を聞き苦笑するハクオロ。
この和やかな時間が一時のものであることはわかっている。
嵐の前の静けさだと。銀河の断裂した境界線にむかって出発する戦艦【鉄】
無事に帰ってこれるかわからぬ闘い。
たとえ、そうだとしても彼等に微塵も怖れや不安がない。
自分の采配を信じてくれる家族たち。それがハクオロにとって何よりも頼もしかった。

はい。この場を借りて。
こんな物語は好きですか? ひらひらさん。
 
 

皆さんのヒーローについて熱く語る

 投稿者:あくた  投稿日:2008年 5月25日(日)10時56分25秒
返信・引用
  ブログ開設おめでとうです。
葵「さて、好きなヒーローは、最初は宇宙刑事かな?シャリバンに憧れました(おぃ何歳だよ?
芥「電装、赤射、雷光ね・・・」
ライダーデビューは?
葵「私はRXですね?マリバロンがお気に入りで、コロコロでいやーんな格好で・・・」
芥「昔じゃ濃ぅ」
ヒーロー。
芥「たった一人で孤軍奮闘っていうのがテーマだよね?」
葵「最近じゃ超神ネイガーかな?あとは中国映画の【墨攻】あの主人公はヒーローだった。
芥「反逆のルルーシュのルルは?」
葵「ああいう人間は好きじゃないです」
茜「やっぱり、天元突破グレンガランでしょ!シモン愛してるよぉぉぉぉぉ!」
葵「熱かった世ネェ…」
芥「最初、無視したんだよねぇ。見たら叫んでた!」
芥「仮面ライダーカブトで、ガタック装着した加賀美くんが言うセリフ」
「お前らに俺たちの絆がわかってたまるか!」
葵「瞬間、びくっとした」
茜「で、倒れそうになる加賀美くんを天道くんが支えるの」
葵「男だなっ」
茜「うん。感動した。」
なのは好き。
芥「うん。好きだよ。」
葵「でも、今期のなのはは大人占め」
茜「なーんか、熱くなかった世ね?」
芥「第4期に期待だな」
一同「・・・でっ、でるの!」

芥「スカルマンよかったよ。ひらひらさん」
葵「悪は多弁ではならない」だっけ?男らしいセリフよね?」

ヒーロー。
芥「最近の好きなのはウルトラマン」
茜「メビウスとウルトラ兄弟の競演作ね?」
葵「もー・・・モロボシダンがおっさんに!その時、うちら生まれてないんだけど」
芥「そのとき小学生じゃからのぅ」

処でひらひらさん。
タオの月。
妖奇士。
鋼の錬金術師。
スクライド。
アヤカシ。
マドラックス。
ドットハック。
どれがすき?
 

Re: 皆さんのヒーローについて語りましょう

 投稿者:ひらひらメール  投稿日:2008年 5月24日(土)12時33分39秒
返信・引用
  > No.3[元記事へ]

黒杉さんへのお返事です。

洋子「わたしはクウガが仮面ライダーデビューだね♪♪」
梨杏「わたしはUltra Seven xが初めての特撮作品ですね♪♪」
舞那「わたしはね、いろいろ見てるよ♪♪ わたしはクウガのOPとカブトのOPが大好きだったよ♪♪」
加奈「わたしは電王が初めてだね。 わたしは牙王が大好きだけどね♪♪」

洋子「話すと長くなりそうだから詳しくはまた今度にしよっか。」

というわけで今回はここまでですね♪♪

追伸、黒杉さんがお尋ねになった、わたしの見てるアニメですが、今期では図書館戦争や仮面のメイドガイ、二十面相の娘やTO LOVEる、コードギアス 反逆のルルーシュR2などですね♪♪
今まで見たアニメで好きなのはリリカルなのはシリーズとカードキャプターさくらなどですね♪♪
後はガンダムシリーズも好きですね♪♪
漫画はゼロインや魔法先生ネギま!などですよ♪♪
こんな感じで質問に答えられましたか??
またコメントお待ちしてますね♪♪
ひらひらと愉快な仲間たちでした♪♪

http://heros1103.blog39.fc2.com/

 

Re: 皆さんのヒーローについて語りましょう

 投稿者:黒杉  投稿日:2008年 5月24日(土)01時32分27秒
返信・引用
  > No.2[元記事へ]

薫「ヒーロー・・・ですか・・・幼い頃は戦隊物くらいしか見ていませんでしたが、小6くらいだったかどうか忘れましたが、その辺りからライダーも見始めましたね・・・結構響とかブレイドとか好きでしたね まぁブレイドはOPが好きだったから見てた所もありますが・・・」

充「ヒーローといえば、昔テンション上がりまくった自分が何レンジャーか忘れたがそれのマネをして家の窓ガラスを頭から突き破ったことがあったな・・・しかも無傷・・・今思うとかなり馬鹿なことをしてたな・・・」

結「ヒーローモノとは少し違うけど、ヒーロー(英雄)になりたいと願った青年を描いたゲームはかなりの名作だったよねぇ・・・好きな英雄の欄で、レッドって描かれてた所には少し笑ったね」

薫「最後には『英雄なんていらない!』ですからねぇ・・・あのゲームクリア直後ほど英雄やらヒーローを深く考えるようになりましたよ」

充「まぁ、ぶっちゃけた話、最近特撮は見てないからどうとも言えないな・・・俺らが見るのはあっち系のアニメだしなぁ・・・」

追伸 そういえば、ひらひらさんって特撮以外に何かアニメ見てます?
 

Re: 皆さんのヒーローについて語りましょう

 投稿者:ミヤビ  投稿日:2008年 5月23日(金)18時41分33秒
返信・引用
  > No.1[元記事へ]

彩「ヒーローの思い出かぁ………ボクは仮面ライダークウガが一番好きだったなぁ。小学1年生の時に毎朝早起きして見てたもん。
『皆の笑顔を守りたい』っていう台詞が格好良かったよ~」

ミヤビ「思い出………俺は四歳の時初めて見たジェットマンが好きだったな。でも最終回でブラックが死んだ時にはショックでわんわん泣いた記憶がある」

彩「うにゅ……ミヤちゃんが四歳の時ボクまだ赤ちゃんだったから全然分かんないや。でも、ボクは誰かを守るために闘うヒーローって格好良いから大好きだよ☆」

ミヤビ「俺はその逆だな。正義のヒーローよりも自分の目的の為だけに闘うダークヒーローが好き」

彩「えぇ~。でもダークヒーローって悪い人が多いじゃん」

ミヤビ「だからダークヒーローなんだろうが。特撮で言えばアギトよりもギルス、龍騎よりも王蛇が好きだったし、アメコミヒーローで言えばスパイダーマンよりスポーンが好きだな。癒える事の無い怒りや悲しみを背負って闘うダークヒーローや善悪関係無しに自分さえ満足ならそれでいいって考えてるヒーローがとにかく大好きだ。それに………」

彩「あうぅ………ミヤちゃんこういうの語ると凄く長くなるからこっそり帰ろう…それじゃあさようなら~ノシ」
 

皆さんのヒーローについて語りましょう

 投稿者:ひらひらメール  投稿日:2008年 5月21日(水)11時10分15秒
返信・引用
  洋子「今回の記事では皆さんのヒーローについての思い出などを語ってくださいね♪♪」
舞那「まずは皆さんからのコメントを待ってみようかな・・・・」
梨杏「皆さん、よろしくお願いしますね♪♪」

というわけでどんどんなりきりコメントしてくださいね♪♪

http://heros1103.blog39.fc2.com/

 

レンタル掲示板
/1