teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


選句感想

 投稿者:みきこ  投稿日:2017年 9月21日(木)10時55分1秒
  6 気のはりがふつとなくなり草の花

  同感です。暑さが一段落すると、ほっとしますが、同時に気が抜けてしまいます。そんなころ草の花に目が行ったりします。

7 秋の声どこでもドアの隙間より

 発想がたのしいです。どこでもドアにも隙間があるのですね。これはなかなか思い至らないところです。

8 秋初めつかはぬままの置き薬

 置き薬を使わなかったのは、恙なく過ごしたからとも考えられますが、ここは逆に置き薬では間に合わないくらいの重い症状が出てしまったということですね。大変なことをさらりと詠むのは俳句の醍醐味。
 
 

選句感想

 投稿者:美智  投稿日:2017年 9月19日(火)11時36分43秒
  3,   行く雲や秋耕の夫婦一休み

  懐かし田園風景が目に浮かびます。久しく行っていない
  そんな所に行きたいなあと、、、!

6,   気のはりがふつとなくなり草の花

  夏の暑い時期は、気がはりつめて居りましたが、
  ややに秋の気配を感じるこの頃、フット体の力が抜けたような、、、
  今の私の心境で~す!

7,   秋の声どこでもドアの隙間より

  秋の気配は、どんな所にも感じられる今日、この頃
  言いえて、みようなお句ですね!(パチパチ)

 

選句感想

 投稿者:昭子  投稿日:2017年 9月19日(火)09時16分46秒
  4,   寝惜みて旅の一夜の小望月

    まずはお天気でよかったですね。
    今年は夏休みの間中お天気が悪く 北海道も梅雨のようで
    我が家の恒例の北海道行ききも四日の内晴天は1日だけでした。
    冴え冴えとしたお月さんが見えるようです。

8,   秋初めつかわぬままの置き薬

    季語が効いています。

10,  片恋や青山一丁目いてふちる

    「 いてふちる」がいいですね。
    青山までは行けませんが
    今年は銀杏散る場所へぜひ行ってみようと思います。
      追。 気が付いたら今年は花火を1度も見ていないのでした。
         差し当たっては我が家のベランダから遠くに袋井の花火が
         見えるので毎年音が聞こえたら二階へ上がって行くのですが
         今年は気が付いたらもう過ぎていてエーーーッツ!でした。
    ア~~~! 身の内のアンテナも寄る年波 鈍くなったのですねー( ノД`)
 

9月句会選句まとめ

 投稿者:昭子  投稿日:2017年 9月19日(火)09時01分1秒
  1,   人が皆遠く見ゆる日秋の蝶    /ふみこ選
2,   枝揺らす風の重たき震災忌    /
3,   行く雲や秋耕の夫婦一休み    /美智選
4,   寝惜みて旅の一夜の小望月    /昭子選

5,   句を詠むを幸として汀女の忌    /ふみこ、
6,   気のはりがふつとなくなり草の花    /美智、みきこ選
7,   秋の声どこでもドアの隙間より      /みきこ、美智選
8,   秋初めつかわぬままの置き薬    /みきこ、ふみこ、昭子選

      (亡きペギー葉山さんの学生時代を想ふ)
9,   蔦の葉の絡まるチャペルあの頃も    /
10,  片恋や青山一丁目いてふちる    /昭子選
11,  秋燕いよよ寂しき無人駅    /
12,  ごとごととリフトに眺む大花野    /


名乗りは24日よりお願いいたします。


 

選句

 投稿者:美智  投稿日:2017年 9月16日(土)16時17分57秒
  3,   行く雲や秋耕の夫婦一休み

6,   気のはりがふつとなくなり草の花

7,   秋の声どこでもドアの隙間より
 

選句

 投稿者:ふみ子  投稿日:2017年 9月16日(土)11時42分20秒
  1,   人が皆遠く見ゆる日秋の蝶

5,   句を詠むを幸として汀女の忌

8,   秋初めつかわぬままの置き薬

ふみ子さんのPCの機嫌が悪いそうですので代筆しました 昭子
 

選句

 投稿者:みきこ  投稿日:2017年 9月12日(火)10時04分28秒
  6 気のはりがふつとなくなり草の花

7 秋の声どこでもドアの隙間より

8 秋初めつかはぬままの置き薬
 

選句

 投稿者:昭子  投稿日:2017年 9月12日(火)08時57分39秒
  4,   寝惜みて旅の一夜の小望月

8,   秋初めつかわぬままの置き薬

10,  片恋や青山一丁目いてふちる
 

9月句会清記

 投稿者:昭子  投稿日:2017年 9月12日(火)08時54分26秒
  1,   人が皆遠く見ゆる日秋の蝶
2,   枝揺らす風の重たき震災忌
3,   行く雲や秋耕の夫婦一休み
4,   寝惜みて旅の一夜の小望月

5,   句を詠むを幸として汀女の忌
6,   気のはりがふつとなくなり草の花
7,   秋の声どこでもドアの隙間より
8,   秋初めつかわぬままの置き薬

      (亡きペギー葉山さんの学生時代を想ふ)
9,   蔦の葉の絡まるチャペルあの頃も
10,  片恋や青山一丁目いてふちる
11,  秋燕いよよ寂しき無人駅
12,  ごとごととリフトに眺む大花野




 

投句

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月10日(日)21時35分2秒
  ごとごととリフトに眺む大花野  

レンタル掲示板
/338