teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


選句・名乗り

 投稿者:ぞくまさ  投稿日:2019年 6月26日(水)00時50分37秒
  選句
高台の高等学校梅雨晴れ間
振りかへる優しき笑みの夏帽子

上記は印象に残った句です


名乗り
珍しく句ができましたので投句してみました
こんなのですみません。お拾いいただきありがとうございました。

洗濯ばさみ開いた先に梅雨晴れ間

筍や竹害切り捨つ我は武士

筍の一句は普通の生活をしている人には想像できない光景だと思います。
週に1度、土砂降りでも狭い畑の整備をしています。
隣の放置竹林から、食べられない筍が多数にょきにょきと生えてきます。
いつまでこんな重労働を続けられるかわかりませんが、
悪代官を切り捨てる武士のように、、、と
生活の労働歌のように、なかば負け惜しみ的にでたもの
 
 

(無題)

 投稿者:李恵  投稿日:2019年 6月25日(火)21時51分50秒
  1.  梅雨の間の地靄立つ山奥社かな
     戸隠で見た風景でした。

12.  儚きは庭の夏草刈る老爺          里亜選
     夏草の勢いと老兵の思いを試みました。
里亜さん、ありがとうございました。

13.  尼の目の伏し目がちなる梅雨曇    里亜、みきこ選
      後悔しないはずの尼さんのふとした一面でした。ありがとうございました。
 

名乗り

 投稿者:昭子  投稿日:2019年 6月25日(火)09時50分8秒
  5.   杖の歩を休むる木陰草いちご      里亜、みきこ、李恵選

   いつの頃からか 夫と並んで歩いている積りが
   気が付くと私の方が先を行っているようになりました。
   近頃夫はウオーキングポールを突いております。

6.   遠目にもそれとおぼしき蛇の影

   形も音も蛇は不気味です。

10.  親つばめ赤信号を翻る

   信号待ちの光景です。

とって下さった皆さんありがとうございました。
 

名乗り

 投稿者:みきこ  投稿日:2019年 6月25日(火)08時41分10秒
  7.   鈴蘭や雨後の山並み群青に   昭子選

8.   高台の高等学校梅雨晴れ間   昭子選

9.   坂道は歩幅小さく山薄暑

 7の句は入笠山に行ったときのもの。8は二駅先にある高校を詠みました。
昭子さん、ありがとうございました。
 

選句感想

 投稿者:みきこ  投稿日:2019年 6月24日(月)08時32分5秒
  5.  杖の歩を休むる木陰草いちご

  小休止と草いちごの取り合わせがいい雰囲気を醸しています。「杖」が名わき役。

13.  尼の目の伏し目がちなる梅雨曇

 尼僧の物静かな雰囲気と梅雨曇の取り合わせがいいと思います。

14.  振りかへる優しき笑みの夏帽子

 素敵な句ですが、季語がうごく恐れあり。
 

選句

 投稿者:里亜  投稿日:2019年 6月23日(日)08時12分24秒
  5.  杖の歩を休むる木陰草いちご
       杖と共に歩いてきた身体を木陰で休ませている。草いちごの赤が疲れた作者の心に鮮明に入ってきたことと思います。

12.  儚きは庭の夏草刈る老爺
       この老爺の夏草を刈る姿にもジーンとくるものがあり、これを見ている作者の老爺に寄せる想いの深さが伝わってきました。

13.  尼の目の伏し目がちなる梅雨曇
       尼さんの全てがそうであるとは限りませんが私の中では慎ましく静かさを感じます。梅雨曇と伏し目がちに控えめさを感じました。
 

選句感想

 投稿者:李恵  投稿日:2019年 6月22日(土)19時36分31秒
  1.   洗濯ばさみ開いた先に梅雨晴れ間   李恵選
    俳句で生みだされた空間に入りこめる心地よさが、ここでは、洗濯ばさみという身近なものから晴れ間という、希望ある広がりに連れて行ってもらえました。素敵な展開に一票でした。

3.   夏ともしグラス触れ合ふ夢の夜   李恵選
      こちらも、グラスの触れ合う澄んだ音から、夢に展開する心地良さ。夏の夜に相応しいグラスの音なのでしょう。きっと、多くの物語はこうして生まれていくのかもしれませんね

5.   杖の歩を休むる木陰草いちご      里亜、みきこ、李恵選
    やっと歩いてきた老人の木陰。草いちごの香りと合ったやすらぎを感じ取りました。

14.  振りかへる優しき笑みの夏帽子   みきこ、季恵選
      追加でしたが、夏帽子から覗く笑みに到達する展開に、私たちの後ろからという包まれた背景にもまた、和やかな空間を感じられました。
 

美智さん

 投稿者:昭子  投稿日:2019年 6月21日(金)10時48分52秒
  Okですよ。
これからもお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
 

English Haiku

 投稿者:美智  投稿日:2019年 6月20日(木)12時09分31秒
  weightlessly floating jellyfish
and I
ふわふわと泳ぐ海月や我もまた
 

お試し

 投稿者:美智  投稿日:2019年 6月20日(木)12時05分28秒
  昭子さま

 これで到着いたしておりますか?

 

レンタル掲示板
/411