teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


黒崎の歴史が、また1ページ…

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2019年 1月11日(金)19時37分20秒
編集済
  風来魚さん
> でも、角材が無い方が かえって滑らずに通り易いんですよね

やはりそうでしたか。 僕も当時の写真を見直しながら、
「そういえば、一番怖かったのは この板だよなぁ…」と思い出し、
写真投稿直後に、本文に追記をした次第です(^^

> けっこう潮が満ちている時に行かれましたね?

ここを踏破したのは1回きりだったので知らなかったのですが、
そうですか… 僕が行った時間帯は「満潮」あたりだったのですね?
おかげで、忘れられない貴重な体験(苦笑)ができました。

漫画『カイジ』で、カイジ君が「鉄骨渡り」をしているシーンなど、
とても他人事に思えませんでしたから…

> 例の黄色い屋根の家 ~ 全然別の建物へと変貌を遂げていました

調べてみたところ『サンセットテラス asora』という お店のようですが、
我々の知っているオレンジ屋根ではなく、白くて四角い家になったようですね…
しかし レストランだとしたら、むしろ以前の外観ほうが、
楽しげで、それっぽい感じがあったように思います。

われわれの知る三浦の風景も、10年 20年 と経過していく中で、
確実に変化しつつあることに、(身勝手と知りつつも)寂しさをおぼえます…
 
 

それから

 投稿者:風来魚  投稿日:2019年 1月11日(金)18時11分1秒
  あと、ヨコハマ絡みの新ネタを一つ。(既にご存知かもしれませんが。)

黒崎原にあった「初声シーハウス」とは別の、例の黄色い屋根の家、今ではすっかり改築され、
全然別の建物へと変貌を遂げていました。これで今後黒崎原を歩く際は、ルートを間違えて
しまうコトもなくなりますね。
ちなみになんとこの建物、カフェレストランらしいです。
 

来ました。

 投稿者:風来魚  投稿日:2019年 1月11日(金)17時57分49秒
  ハイ、ということでお邪魔しに来ましたよ。

そうそう、今現在は上の角材が全て無くなった状態です。でも、角材が無い方が
かえって滑らずに通り易いんですよね。
それにしても、けっこう潮が満ちている時に行かれましたね?私の時は干潮時を狙って
行ったので、まぁ落ちても腰まで浸かるくらいだろう程度のものだったのですが。
ちなみに干潮時であれば、写真1枚目の右側の岩にへばり付きながら迂回することも
できるようです。
あ!でも重ね重ね言っておきますが、このコメントはコース行きをおススメするもの
ではありませんよー!行動は自己責任で!!
 

恐怖の思い出

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2019年 1月11日(金)13時47分47秒
編集済
  風来魚さんのサイトの掲示板で、三浦半島の『八景原』という場所の話題が出たのですが、
実は自分も たまたま2006年12月に訪れたことがありました。
(宮川湾から、波打ち際ぞいに西へ、三崎港のほうへ歩きます)

「ヨコハマ名所」ではないですが、「三浦半島の凄み」を知るうえで、
体験しておきたい場所でもあるのですが、ちょっとオススメはできません。

理由は、添付写真の通りです。
現在は どうか分かりませんが、橋の支柱の上の板がボロボロに壊れ、
わずかに残った破片と支柱が、波をかぶってヌルヌルになっているのです。
(ただ、ヌルヌルがひどいのは板部分なので、そこを突破すれば何とかなると思います)

転落などしようものなら、風の強い日だと波にもまれて、
死なないまでも岩場に叩きつけられて大ケガは必至でしょう…
というか、訪れたのが寒風ふきすさぶ12月下旬でしたから、
海に落ちたら「心臓マヒ」の危険もあったのです。

10数年前の自分も、渡るべきか帰るべきかで、10分ほど迷いました。

(写真は、1・2枚目が渡る前、3枚目が渡った後です。
3枚目を見て分かる通り、橋板が普通ーに波をかぶります。
「スケート靴を履いて、氷の橋を渡るようなもの」と考えれば、間違いありません)
 

自家製

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2019年 1月 7日(月)19時30分6秒
編集済
  カクザトウさん

現代でも原油のほとんどを輸入に頼っている日本では、
普通に考えれば、夕凪時代のような
「他の地方との行き来が、はるかに困難になった」世界では
ほぼ入手は不可能なはずなんですよね。

ただ そこは、創造主たる芦奈野先生の嗜好が加味され、
大事に使えば、日常生活でもバイクや自動車を使用できるほどには
ガソリンの流通は あるようです。

本当に、どこから送られてくるのか? ガソリン…

意外に、「ガソリン」という名こそ付いていますが、
野菜のしぼり汁などを原料とした燃料だったりするかもしれません。

「おじさん。 ガソリン(しぼり汁)ってさあ……」
「くさるよ」
 

思えば...

 投稿者:カクザトウ  投稿日:2019年 1月 7日(月)16時46分46秒
  (おじさんのスタンドのガソリンってどこから来てるんだろ... 確か新潟には少しだけ油田があるからあそこら辺から来てるのかしら?)  

なんと、そうでしたか

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2019年 1月 4日(金)09時49分29秒
  調べてみたところ、「住職」ではなく「神主」と呼ぶそうですね

自分は、「住職」を「宗教関係における建物の、管理・運営に携わる者」だと
思っていたので この名称を使ったのですが、間違いであったようです

後日 なおしておきますね
 

神社では住職とはいいません

 投稿者:通りすがりの旅の者  投稿日:2019年 1月 3日(木)23時33分14秒
  走水神社の記事、興味深く拝見しました。
が、一点、どうしても気になることがあります。
神社の方を「住職」さんと呼んでおられましたが、「住職」は仏教の職名で、住持職の略です。
神職を仏教の職名で呼ぶのは相当失礼なことなので念のため。
 

オラ ワクワクしてきたぞ(サイヤ人

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年12月17日(月)19時58分31秒
編集済
  風来魚さん
> 素晴らしい!私も同じように考えてました。あの地形って三浦半島っぽくないんですよね。
> それなのに、アルファさんはどう見ても他所行きの服装をしてるわけではないし ~
> アフタヌーン表紙になった時点でのエピソードは、まさに「ムサシノ編」真っ最中だったのですね


もし アルファさんの服装が、「外出着」(旧版5巻の表紙のような…)であれば、
「ムサシノ」近辺(かつ ココネの家の近く)が最有力となるのですが、

あのイラストのアルファさんは、どう見ても「近所にフラリ」といった雰囲気なので、
どうにも矛盾を感じてしまいますよね…(悩)

> そういう観点で前々から気になっていたのは、杉並清掃工場と千歳清掃工場の煙突

あれがムサシノの風景だとしたら、
やはり最初に候補として浮かぶのは『清掃工場のエントツ』ですよね(^^
ムサシノのような都内には、「普通の工場のエントツ」は、まず存在しませんから。

(強いて挙げれば千住などの工場地帯がありますが、あの近辺はたしか、
夕凪時代には水没してしまう一帯なのです)

> 何故ネタとして挙がらなかったのかが不思議なところです

おそらくですが、現地考察系のヨコハマファンに コミックス派の読者が多くて、
アフタの表紙にまで意識が行かなかったか…
『ポストカードブック』にまとめられた後も、
「夕凪マップ」にしか目が行かなかったからではないでしょうか?

…ええ、いずれも「僕」が 典型的な例ですが(笑)
(結局 「ヨコハマ」連載中は一度もアフタを読まず、
現地考察の楽しさに目覚めたのも、連載が終了してから半年も後のことでした)
 

当時もあったハズなのに?

 投稿者:風来魚  投稿日:2018年12月17日(月)12時08分58秒
  おぉ、2、3日留守にしている間に、盛り上がってきましたね!

>ということは… この塔の所在地は「ムサシノ」でしょうか!?(驚)
(ただ、アルファさんのしているエプロンは、カフェでの仕事着だし…
だとすると三浦近辺なのだろうか? う~ん)

素晴らしい!私も同じように考えてました。あの地形って三浦半島っぽくないんですよね。
それなのに、アルファさんはどう見ても他所行きの服装をしてるわけではないし、どうなって
るんだろう?と思ってました。そうですか~、アフタヌーン表紙になった時点でのエピソード
は、まさに「ムサシノ編」真っ最中だったのですね。これでちょっとムサシノの線が濃いという方向での考察に説得力が出てきました。

>考えられるのが「エレベーター実験棟のような実験施設」か「景観配慮型の煙突」かと

小田兎さま、はじめまして。お話に加わっていただき、ありがとうございます。このような
感じで、来年は盛り上がっていくと良いですねー。そうそう、施設として考えられるのは、
そういう建造物ですよね。

で、そういう観点で前々から気になっていたのは、杉並清掃工場と千歳清掃工場の煙突。
フォルムがどちらも似ていて、環八沿いにあるというのもポイント高いです。おそらくイラスト
発表当時にも存在していたとは思うのですが、これが何故ネタとして挙がらなかったのかが
不思議なところです。(私が見てないだけで、話題にはなったのかも?)
久我山の運動広場(遊び場110番)辺りから見ると、けっこう良さげなのですが、
今度実際に見に行ってみます。
 

レンタル掲示板
/63