teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


そういえばスカイタワー西東京も、ムサシノでしたね

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年12月14日(金)20時58分8秒
編集済
  小田兎さん
> そして今年一年色々お世話になりました

いえいえ、こちらこそ お世話になりました。
来年も(もちろん今年も)、また気軽に遊びに来てくださいね(^^

> 考えられるのが「エレベーター実験棟のような実験施設」か「景観配慮型の煙突」かと

僕は以前 「池袋」 に住んでいたのですが、近所の『豊島清掃工場』のエントツが、
丁度こんな感じに、所々に小窓がついたものでした。
(形状は、イラストのものとは異なり、上から下までストンと六角形でしたが)

僕も ちょっと、このイラストのエントツ(?)は三浦半島ぽくないと感じており、
イラスト掲載時のアルファさんが「ムサシノ」に足を延ばしていることや、
付近の風景が広い平地であることから、
東京(ムサシノ)の施設なのでは…? と 想像しております。
 
 

久々に考察をっぽいものば()

 投稿者:小田兎  投稿日:2018年12月14日(金)20時18分48秒
  お久しぶりです。そして今年一年色々お世話になりました。
私事ですが、忌中につき新年の挨拶を控えさせていただきますので、年末の挨拶にて代えさせていただきます。

今年最後の考察っぽいものとして、風来魚さまのお話に少し乗ってみようと思います。
お話を伺いまして件の画像を確認しました。
周りにビルが無い中で一本だけスッと立っている姿を見るとただのビルではないように感じます。窓のようなものも無いように感じます。
そうすると、考えられるのが「エレベーター実験棟のような実験施設」か「景観配慮型の煙突」かと。
三浦周辺を含めた神奈川一帯にはここまで目立ちそうなこれらの施設は無さそうなので、やはりこの絵の舞台はムサシノなのか… 
 

掘れば湧き出る、情報の泉

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年12月13日(木)16時48分52秒
編集済
  風来魚さん
> 今年も一年、いろいろとお世話になりました。
> 来年もお互い、頑張って更新を続けていきましょう!


こちらこそ、本当にお世話になりました。
来年も よろしくお願いいたします(^^

「ヨコハマ」は、現地考察・物語考察ともに、まだまだ まだ全然 掘り足りないのですが、
実は最近、哲学ぽいサイト(巨大)作りに全力を注いでおりまして、
どうしても 当サイトのコンテンツを増やす時間が取れず、ヤキモキしております(苦笑)
http://ikiruimi.net/

> アフタヌーン97年8月号の表紙、アルファさんが魚のエプロンつけてピョン!と跳んでる
> イラストの背景にある白い塔みたいなのって、元ネタ判明してるんでしたっけ?


多分、『ポストカードブック』の、ヨコハママップの すぐ次のページにあるイラストですね?

いえ、この白い塔の正体は判明しておりません。
(と言いますか、こんな塔が写っていること自体、気が付けませんでした!)

絵柄からして、多分 旧版5~6巻あたりの話では? と思って調べてみたところ、
この表紙が描かれた 97年8月号は、おそらくですが、
第36話「町のにおい」が掲載された刊のようです。

ということは… この塔の所在地は「ムサシノ」でしょうか!?(驚)
(ただ、アルファさんのしているエプロンは、カフェでの仕事着だし…
だとすると三浦近辺なのだろうか? う~ん)
 

少し早めの……

 投稿者:風来魚  投稿日:2018年12月13日(木)16時08分2秒
  毎年恒例(!?)、少し早めの年の暮れのご挨拶です。(←「の」が多いなぁ。)
今年も一年、いろいろとお世話になりました。
来年もお互い、頑張って更新を続けていきましょう!

久々なので、ヨコハマネタを少し投下。
アフタヌーン97年8月号の表紙、アルファさんが魚のエプロンつけてピョン!と跳んでる
イラストの背景にある白い塔みたいなのって、元ネタ判明してるんでしたっけ?
画集を見ながら、ふとそんなことを思い出しました。
 

思い出にも、少しだけサヨナラ…

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 9月30日(日)00時47分34秒
  小田兎さん
> 私のブログがこっそりと載っているじゃありませんか。
> レポートと呼べるような大層なものではありませんが、大変嬉しく思います。


昨今では数少なくなってしまった「ヨコハマ」ファンの現地レポートですから、
少しでも横のつながりが作りたかった… というのも、
あのリンク集を作った理由の1つでした。

せっかくのレポートがネットの海に埋もれてしまうのは、
あまりにもったいないですし、他人さんのレポートは
僕にとっても とても勉強になるのです(^^
(書き手によって、見ているポイントがちがったりもするからです)

> 初心者マークを引っ提げて、親父の車で走った初めての道。何もかもが新鮮でした。
> あの日駆った親父の車を登録抹消(廃車)した記念書き込みでした。


乗り慣れた愛車が変わるときというのは、独特の寂しさがありますよね。

積み上げてきた思い出も、いっしょに少し消滅するような寂寥感があります。
 

今更気づいた情弱兎

 投稿者:小田兎  投稿日:2018年 9月28日(金)20時02分56秒
  お久しゅうございます。
久々にヨコハマ買い出し紀行を読み直し、ついでにとこのサイトを泳いでおりましたら、
【 他人さまのサイトの現地レポートに直リンク 】に私のブログがこっそりと載っているじゃありませんか。
レポートと呼べるような大層なものではありませんが、大変嬉しく思います。
久々に読み返すと、純粋に「訪れたい」という気持ちで車を走らせたあの日がもう5年も前。
初心者マークを引っ提げて、親父の車で走った初めての道。何もかもが新鮮でした。
思えばあれがきっかけで長距離ドライブが好きになったのかもしれません。

本当に今更気づいた&あの日駆った親父の車を登録抹消(廃車)した記念書き込みでした。
 

(無題)

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 8月 5日(日)09時13分10秒
  風来魚さん

長年、「エム」をMだと思いこんでいた自分にとっては、「源エム丸」という名称は
どこか機械的というか、それほど愛着を感じるものではなかったんですよね。

でも、その正体が屋号(あるいは人名)だと分かった途端、
すごく、歴史というか、人の生活の匂いがしてきて、
いぶし銀の輝きをもつ名前に見えてきました。

『ヨコハマ』を読んでいなければ、こうした看板に目を止めることも無く、
風来魚さんの情報がなければ、その歴史を知ることも無かったのだと思うと、
しみじみと感慨深いです(^^
 

な、何ィ・・・!?

 投稿者:風来魚  投稿日:2018年 8月 4日(土)18時47分10秒
  うぐっ!まさかの早レス・・・よもや返り討ちに遭うとは・・・!!
かくなる上は、必殺の・・・っていつまで続くんだよ?コレ!

冗談はさておき、『エム』は、乗合船を営んでおられる当のご本人ですら知らなかったり
する所があって、けっこう大変でした。屋号(家号)文化も、商号以外はホントに消えつつ
あるのを実感しました。
 

ふふふ…

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 8月 4日(土)18時16分15秒
  おやおや、風来魚どの… 知らずば長生きできたものを。 ドブシッ ⇒ 「うぎやああぁぁ」

ウソです(笑) 記事内容にビックリして、
確認よりも、掲載を優先させていただきました(^^

「エム=M」だと思いこんでいた僕にとって、本当に衝撃の事実でした。
 

屋号のこと、について

 投稿者:風来魚  投稿日:2018年 8月 4日(土)18時07分56秒
編集済
  あっ!なに勝手にリンクこいとんじゃワレ、 ぬっ○す!!

・・・なんて、ウソウソ、ウソですよ~!ご紹介頂き、ありがとうございます!
 

レンタル掲示板
/62