teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


不便で、でも魅力な「黒崎の鼻」

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 6月27日(水)22時25分10秒
編集済
  カクザトウさん

初めまして、カクザトウさん(^^

> 黒崎の鼻にカフェアルファのモデル?と思われる建物がありますよね
> とある会社の保養所らしいです。


あの建物、以前 Googleマップで調べてみたところ、
『オゾンコミュニティ 初声シーハウス』という名称らしいです。
http://uheei.yu-nagi.com/photo/l201y.jpg

ということは、「オゾンコミュニティ」という会社の持ち物… なのかな?
渋谷に、同名の会社もあるようですし…

> 泊まりたかったけど残念!ってだけのつまらない話なんですがね(笑)

そんなときこそ、「野宿」です(笑)

シーハウスの辺りの敷地や畑は、持ち主がいらっしゃるでしょうが、
「黒崎の鼻」あたりの岩場であれば、多分 大丈夫(無責任)ですので、
寝転んで星空をながめながら、疑似アルファさんゴッコはいかがでしょう?

ただし あの辺りは、最寄りのコンビニが『三崎口駅』か『三浦臨海高校入口 交差点』
まで行かないと無いので(片道2キロ)、ガッツリ下準備していく必要がありますが…
(なにげに不便なんですよね、黒崎の鼻(笑))
 
 

カフェアルファについて

 投稿者:カクザトウ  投稿日:2018年 6月27日(水)21時24分35秒
  はじめまして。去年の暮れあたりにヨコハマ買い出し紀行を読み始めたものです。
実は今年の3月に三浦半島に行きまして興奮のせいか40kmも自転車で走っちゃいました(笑)。

さて本題ですが黒崎の鼻にカフェアルファのモデル?と思われる建物がありますよね
実はあそこの管理会社に問い合わせしまして宿泊できるか聞いてみると、とある会社の保養所らしいです。 泊まりたかったけど残念!ってだけのつまらない話なんですがね(笑)
既出でしたら申し訳ないです ではでは
 

永くつきあえる作品(2/2)

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 5月18日(金)07時32分18秒
編集済
  つるつるさん(2/2)

> 深く考えれば考えるほど、不思議が湧いてくるヨコハマ買い出し紀行、考察好きにはたまりませんね

はい、たまりません(笑)

つるつるさんは、現在「6巻」まで読んでいらっしゃるようですが、
「オーナー」以外の謎に関しても、これから(7巻以降)どんどん、
より「答えに近い」エピソードが出てくるようになります(^^

以前に出てきたエピソードが、より掘り下げられたり、
無関係だと思っていた複数の話が、実は裏でつながっていたり…

全巻を読み終えて、また1話から読み返したとき、
1つ1つのエピソードに秘められていた「厚み」を再認識して、驚かれると思います。

ぜひ ゆっくりと味わいながら、『ヨコハマ』世界を楽しんでみて下さいね(^^
 

永くつきあえる作品(1/2)

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 5月18日(金)07時31分56秒
編集済
  つるつるさん(1/2)

> はじめまして。今年の3月ごろからヨコハマ買い出し紀行を読み始めて、
> 最近やっと6巻まで来たヨコハマ初心者です。


こちらこそ初めまして、つるつるさん。<(_ _)>

年月を経ても、こうして『ヨコハマ』の新しい読者が生まれていることに、
驚きと、うれしさを感じています(^^

> もしかして、第48話の帽子のおじさんって初瀬野先生では?と思いました。
> 管理人様の初瀬野先生考察ページを拝見して、自分の思い込みかもしれないとも感じましたが…


僕も、R.一郎さんからご指摘を受けるまで、この「ボートに乗った帽子のおじさん」のことを、
ウッカリ失念したまま考察ページを書いてしまいました(苦笑)

ただ、あのページでも弁解(笑)している通り、実は第113話『さかな』において、
「アルファさんが初瀬野邸に来たばかりのものと思しき記憶(夢)」が描写されており…

その中でオーナーは、地元言葉ではなく、「標準語」を話していたんですよね。
(もちろん「声」だけで、オーナーの姿は描かれておりません)

それで僕も、「帽子のおじさん」をオーナーと考えるのは難しいかな? と考え、
あのような まとめ方をした次第なのです(^^
 

既出でしたら申し訳ありません

 投稿者:つるつる  投稿日:2018年 5月17日(木)18時16分6秒
   はじめまして。今年の3月ごろからヨコハマ買い出し紀行を読み始めて、最近やっと6巻まで来たヨコハマ初心者です。
 6巻を読み終えて気になったのですが、第43話でアルファさんが被っている帽子と、第48話の船上のおじさんが被っている帽子って、同じ色・同じデザインですよね。もしかして、第48話の帽子のおじさんって初瀬野先生では?と思いました。電灯でお酒が飲めるのも、アルファさんと水面の電灯を眺めたことを懐かしんでいるから、なのかなと。
管理人様の初瀬野先生考察ページを拝見して、自分の思い込みかもしれないとも感じましたが…。
 深く考えれば考えるほど、不思議が湧いてくるヨコハマ買い出し紀行、考察好きにはたまりませんね。
 

ビルキノコを求めてやまないフレンズなんだね!

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 5月16日(水)07時49分51秒
  小田兎さん

> 某イラスト投稿サイトを巡回しておりますと、
> 「ヨコハマ買い出し紀行」と「けものフレンズ」のコラボイラストが


僕は未見なのですが、『けもフレ』も終末系の物語だそうで、
「ヨコハマ買い出し紀行」という単語でネット検索していると、
たびたび「けもフレ」の考察サイトが引っかかってくるのを経験しています(^^

> 最近は本格的な考察はしておりませんでしたが ~
> 纏まりましたらどこかで公開したいと考えていたり


僕は現在は、現地考察は『ビルキノコの生えている公園』探し1本にしぼっており、
なかなか成果をサイトで発表できない所が歯がゆいです(苦笑)

「それっぽい」場所は、いくつか見つかっているのですが、
決定打に欠けるんですよね…

(それを探している過程だけでも、1つのサイトが出来てしまうぐらい
膨大な量の場所を Googleマップで歩いております(笑))

また、作品世界自体の考察についても、いくつか「種」は持っているのですが、
書きはじめると、面白くて他の作業が止まってしまうに決まっていますから、
今はジッと我慢の子でおります。

ちなみに最近は、『生きる意味を分かりやすく解説する』サイト
チビチビと作っていたりもします。(http://ikiruimi.yu-nagi.com/

現在、自分が最も注力しているのは、このサイトですね(^^
 

今昔アニメ話(仮題)

 投稿者:小田兎  投稿日:2018年 5月15日(火)21時38分53秒
  お久しゅうございます。小田兎です。

いきなり本題ですが、近ごろ日課の某イラスト投稿サイトを巡回しておりますと、「ヨコハマ買い出し紀行」と「けものフレンズ」のコラボイラストがチラチラとみられるようになりました。
私はヨコハマ買い出し紀行はもとより、けものフレンズもアニメリアルタイムではないにしろ結構好きな作品として楽しんでおりました。ゆえにこの好きな作品同士のコラボにはひそかに胸躍らせていました。
ネットの海を泳ぐと、この二つの作品に共通点を見出す考察がいくつかありました。
どちらも「終末の世界でまったりと生きる」という共通点が論じられておりました。

最近は本格的な考察はしておりませんでしたが、好きな作品の力を原動力に私もまた考えてみようと思った次第です。纏まりましたらどこかで公開したいと考えていたり。

P.S. 三浦半島ソレイユの丘には、右目の不自由なアルパカさんが居るらしい。
(アニメけもフレのアルパカさんは客の来ない僻地でカフェを営んでいるということから、よくヨコハマ関係の引き合いに出される。しかも髪で右目が完全に隠れて見えないキャラデザインになっている)
 

二度と歩けない、あの風景

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 4月15日(日)21時38分9秒
編集済
  ター坊さん
> お写真の小道はもう立ち入りできないので貴重ですね。

ありがとうございます(^^

貴重な写真となったことが うれしい一方で、
あの小道を二度と歩けないのかと思うと しみじみと寂しく、
なんとも複雑な気持ちでおります。

Googleストリートビューで確認してみると、砂利まじりだった小道たちは、
現在は、アスファルト舗装されたようですね…

> 昔は入江の中央に小島があり、お社が祭られていたそうです。
> 写真左の小山が位置的にそれかなぁと思います。


なんと! そうだったのですか。

旅先では、そうした偶然(思いがけず宝物が写ってくれること)を期待して、
できるかぎり たくさん写真を撮るようにはしていたのですが…
苦労(?)をした甲斐がありました(^^
 

入江

 投稿者:ター坊  投稿日:2018年 4月15日(日)12時33分17秒
  入江の埋め立て地は西武が持っていましたが、
タワマンが建つとか今まで色々計画がありました。
結局一部はカインズ、回転寿司、珈琲屋になりました。

お写真の小道はもう立ち入りできないので貴重ですね。
昔は入江の中央に小島があり、お社が祭られていたそうです。
現在小山の様になっている場所がそれです。
写真左の小山が位置的にそれかなぁと思います。

http://rurounotami.la.coocan.jp/

 

記憶の彼方の風景

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 4月15日(日)09時06分49秒
編集済
  ター坊さん
> 初声周辺も少しずつ変わってますよ。
> 入江のカインズは相変わらず繁盛しているようです。


★僕が三浦市に足を運ぶようになったのは 2002年以降なので、
初めて市内を目にしてから、まだ 15年ほどしか経っていませんが、
『カインズ』規模の店舗が新設されるのは初めてのことではないでしょうか?
(その「変わらなさ」が、三浦市の魅力でもあるのですが)

★ちなみに、当時の あの辺りの写真が残っていなかったかなぁ と、
パソコン内に残してある分だけのデジカメ写真を確認してみたところ、
こんな1枚が見つかりました。(2005年2月下旬ごろ撮影)

多分ですが、「初声の埋め立て地の中にあった小道から、
現在『カインズ』のある東に向かってシャッターをきったもの」と思われます。

今では失われた風景の1つですね…(しみじみ)
 

レンタル掲示板
/61