teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


変わりゆくランドマーク

 投稿者:風来魚  投稿日:2018年 7月 1日(日)15時37分44秒
  > 僕が初めて訪れたのは 2005年でしたが、
> たしか、当時からすでに「通行禁止」となっておりました。


昔から通行自粛ムードではあったようです。昭和40年代のガイドブックでも、
「あまり通行をお勧めできないが、眺望は抜群」という、どっちなんだよ!?とツッコミを
入れたくなるような言い回しもありますし(^^;

ちなみに「グライダー広場」ですが、今や『恋する灯台モニュメント』などというものが
設置された、フヤけた場所となっているようですね(←たんなる僻み?)
宮川公園の風車も、今秋には撤去されてしまうそう。かつてのランドマークが消えていって
しまうのは寂しい限りです。
 
 

イサキと城ヶ島の縁(えん)

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 7月 1日(日)09時51分6秒
編集済
  風来魚さん

風見魚さんのサイト(http://www.maroon.dti.ne.jp/kotonova/)の新コンテンツについて
掲示板にコメントしようかと思ったのですが、長文になってしまったため、
こちらに投稿することをお許しください。<(_ _)>

> カブのイサキ ~ あの巨大なアーチ岩は「馬ノ背洞門」をモチーフと
> したものだということは、たぶん異論のないことでしょう


はい、間違いなく『馬の背洞門』だと思います(^^

「城ヶ島」に北から入って、時計回りに「洞門」を目指したと考えれば、
風景の見え方もドンピシャですものね。

> このアーチ部分、思わず渡ってしまいたい気分に駆られますが、
> 風化浸食が激しいので、もちろん通行禁止です


僕が初めて訪れたのは 2005年でしたが、
たしか、当時からすでに「通行禁止」となっておりました。

渡ってみたかったなぁ…

> 『カブのイサキ』第1巻1ページ目のカラーイラストにも、
> ひょっとして馬ノ背洞門かも知れないシーンが描かれていますね


僕も これは「馬の背洞門」だと思います。

ちなみに、今さら気が付いたのですがイサキって、
第1話の冒頭で遠出した場所が『城ヶ島』だったのですね(驚)

1巻最初のカラーイラストの件も合わせて考えると、なにか当時の芦奈野先生の中に、
城ヶ島への愛着のようなものがあったのかもしれません(^^
 

実は あの一帯は、1セット?

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 7月 1日(日)09時06分17秒
編集済
  風来魚さん

> 初声シーハウスは、おそらくロケハウス的な使われ方をされているのだと思います。

なるほど、そんな事が…

「黒崎鼻」が頻繁に使用されるロケ地なので、
すぐそばの「初声シーハウス」で室内シーンの撮影もいっしょに済ませられれば、
たしかにスタッフにとってはグッと楽になりますよね。

すぐ近くの、黒崎鼻に降りていける小道のそばに、
ロケバスが停められる広いスペースがあったりと、

あの一帯は昔から「そういう使われ方」をしてきた場所だったんだなぁ、と、
この お話を聞いて、いろいろと合点が行きました(^^
 

なんてタイミング!

 投稿者:風来魚  投稿日:2018年 6月30日(土)19時18分13秒
  タイムリーなネタだったので、思わず書き込みさせていただきました。

初声シーハウスは、おそらくロケハウス的な使われ方をされているのだと思います。今はどうか
分かりませんが、かつてはいろんなドラマやPVで見受けられました。
その最たるものが、夏樹静子サスペンスの『断崖』というドラマ。作品の主舞台が思いっきり
この場所で、建物の内部なども見ることが出来ますよ。十数年前の三浦の風景も満載です。

このドラマが、なんと7月6日にBSジャパンで再放送されるそうです!私も試しに検索をしていて
ビックリでした。興味があれば、是非。
 

12年の時を経て

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 6月29日(金)08時01分41秒
編集済
  カクザトウさん

> 去年の冬に行ったときに写真を確認したところ

添付いただいた写真を見て、「あ!」と思い出しました。
僕も この看板、見たことがあります。

過去に撮影したファイルを探してみたところ、
2006年10月(僕が現地撮影を始めた初日ですね)に、
自分も同様の看板を写真におさめておりました。

当時は、あの建物に名前があるなんて知らなかったので、
単なる1風景として撮影していただけなのですが…(驚)

> いつかはあそこみたいなところにカフェアルファを建てたいなぁ

それが実現できれば、おそらく「(ヨコハマファン)世界初」でしょうね(^^

現実の風景を 漫画の中に取りいれたのが『ヨコハマ~』ですが、
逆に漫画の中の風景が 現実世界に出現するわけですから、かなり凄いですね~
 

いつかは!...

 投稿者:カクザトウ  投稿日:2018年 6月28日(木)21時12分29秒
  > ということは、「オゾンコミュニティ」という会社の持ち物… なのかな?

去年の冬に行ったときに写真を確認したところ恐らくオゾンコミュティという会社が所有しており、オーシャンフロントをいう不動産屋さんが管理しているといったところでしょうかね?
ちなみに問い合わせた際には三戸の方には(海際だったかな?)いくつか宿泊用に貸し出しているそうです。

> 寝転んで星空をながめながら、疑似アルファさんゴッコはいかがでしょう?

是非やってみたいっすね~ 流星雨みたり 星をみたり 霜をみて感激したりとかいつかはやりたいな~(笑) いつかはあそこみたいなところにカフェアルファを建てたいなぁなんて思ったりするんですよねー 5巻のおまけに間取りもあるからなんとかなるかな....?

 なんて夢物語なんですけどね(笑)
長文失礼しました ではでは
 

不便で、でも魅力な「黒崎の鼻」

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 6月27日(水)22時25分10秒
編集済
  カクザトウさん

初めまして、カクザトウさん(^^

> 黒崎の鼻にカフェアルファのモデル?と思われる建物がありますよね
> とある会社の保養所らしいです。


あの建物、以前 Googleマップで調べてみたところ、
『オゾンコミュニティ 初声シーハウス』という名称らしいです。
http://uheei.yu-nagi.com/photo/l201y.jpg

ということは、「オゾンコミュニティ」という会社の持ち物… なのかな?
渋谷に、同名の会社もあるようですし…

> 泊まりたかったけど残念!ってだけのつまらない話なんですがね(笑)

そんなときこそ、「野宿」です(笑)

シーハウスの辺りの敷地や畑は、持ち主がいらっしゃるでしょうが、
「黒崎の鼻」あたりの岩場であれば、多分 大丈夫(無責任)ですので、
寝転んで星空をながめながら、疑似アルファさんゴッコはいかがでしょう?

ただし あの辺りは、最寄りのコンビニが『三崎口駅』か『三浦臨海高校入口 交差点』
まで行かないと無いので(片道2キロ)、ガッツリ下準備していく必要がありますが…
(なにげに不便なんですよね、黒崎の鼻(笑))
 

カフェアルファについて

 投稿者:カクザトウ  投稿日:2018年 6月27日(水)21時24分35秒
  はじめまして。去年の暮れあたりにヨコハマ買い出し紀行を読み始めたものです。
実は今年の3月に三浦半島に行きまして興奮のせいか40kmも自転車で走っちゃいました(笑)。

さて本題ですが黒崎の鼻にカフェアルファのモデル?と思われる建物がありますよね
実はあそこの管理会社に問い合わせしまして宿泊できるか聞いてみると、とある会社の保養所らしいです。 泊まりたかったけど残念!ってだけのつまらない話なんですがね(笑)
既出でしたら申し訳ないです ではでは
 

永くつきあえる作品(2/2)

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 5月18日(金)07時32分18秒
編集済
  つるつるさん(2/2)

> 深く考えれば考えるほど、不思議が湧いてくるヨコハマ買い出し紀行、考察好きにはたまりませんね

はい、たまりません(笑)

つるつるさんは、現在「6巻」まで読んでいらっしゃるようですが、
「オーナー」以外の謎に関しても、これから(7巻以降)どんどん、
より「答えに近い」エピソードが出てくるようになります(^^

以前に出てきたエピソードが、より掘り下げられたり、
無関係だと思っていた複数の話が、実は裏でつながっていたり…

全巻を読み終えて、また1話から読み返したとき、
1つ1つのエピソードに秘められていた「厚み」を再認識して、驚かれると思います。

ぜひ ゆっくりと味わいながら、『ヨコハマ』世界を楽しんでみて下さいね(^^
 

永くつきあえる作品(1/2)

 投稿者:ふき(管理人)  投稿日:2018年 5月18日(金)07時31分56秒
編集済
  つるつるさん(1/2)

> はじめまして。今年の3月ごろからヨコハマ買い出し紀行を読み始めて、
> 最近やっと6巻まで来たヨコハマ初心者です。


こちらこそ初めまして、つるつるさん。<(_ _)>

年月を経ても、こうして『ヨコハマ』の新しい読者が生まれていることに、
驚きと、うれしさを感じています(^^

> もしかして、第48話の帽子のおじさんって初瀬野先生では?と思いました。
> 管理人様の初瀬野先生考察ページを拝見して、自分の思い込みかもしれないとも感じましたが…


僕も、R.一郎さんからご指摘を受けるまで、この「ボートに乗った帽子のおじさん」のことを、
ウッカリ失念したまま考察ページを書いてしまいました(苦笑)

ただ、あのページでも弁解(笑)している通り、実は第113話『さかな』において、
「アルファさんが初瀬野邸に来たばかりのものと思しき記憶(夢)」が描写されており…

その中でオーナーは、地元言葉ではなく、「標準語」を話していたんですよね。
(もちろん「声」だけで、オーナーの姿は描かれておりません)

それで僕も、「帽子のおじさん」をオーナーと考えるのは難しいかな? と考え、
あのような まとめ方をした次第なのです(^^
 

レンタル掲示板
/62